【ワーカー】時間単価制の週の勤務予定時間を超過してしまう

実際の稼働時間が予定時間を上回った場合、クライアントにて上回った時間分の契約金額を追加で仮払いする必要があります。
そのため、予定時間を超過する可能性があると判明した時点で、クライアントに相談することをおすすめします。

なお、超過した場合は、超過分ならびに次週稼働分の仮払いがおこなわれると、次週の業務をおこなえるようになります。


▼関連するお問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて
【ワーカー】時間単価制の週の稼働時間が、勤務予定時間に満たない
【クライアント】仮払金と稼働分に差額が発生した場合(時間単価制)

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【ワーカー】時間単価制の週の勤務予定時間を超過してしまう

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
実際の稼働時間が予定時間を上回った場合、クライアントにて上回った時間分の契約金額を追加で仮払いする必要があります。
そのため、予定時間を超過する可能性があると判明した時点で、クライアントに相談することをおすすめします。

なお、超過した場合は、超過分ならびに次週稼働分の仮払いがおこなわれると、次週の業務をおこなえるようになります。


▼関連するお問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて
【ワーカー】時間単価制の週の稼働時間が、勤務予定時間に満たない
【クライアント】仮払金と稼働分に差額が発生した場合(時間単価制)