【ワーカー】ワーカー受け取り金額について

■ワーカー受け取り金額
契約金額(税込)からシステム利用料を差し引いた、ワーカーが実際に受け取る金額です。
プロジェクト形式の固定報酬制およびコンペ形式の追加採用時に使用される言葉です。

ワーカー受け取り金額(税抜)=(契約金額+消費税)-(システム利用料+消費税)- 契約金額の消費税

例:契約⾦額 10,000円(税抜)のお仕事の場合

システム利用料:2,420円(税込)
10,000円 × 10% (消費税率)= 11,000円(契約金額(税込))
11,000円 × 20%(システム利用料率(税抜))= 2,200円(システム利用料(税抜))
2,200円(システム利用料(税抜))× 10%(消費税率)= 220円(消費税)

ワーカーが受け取る額 8,580円
11,000円 - 2,420円(システム利用料(税込))= 8,580円


■ワーカー受け取り金額/週
契約金額(税込)/週 からシステム利用料を差し引いた、ワーカーが実際に受け取る金額です。
プロジェクト形式の時間単価制にて使用される言葉です。

ワーカー受け取り金額/週(税抜き)=
(契約金額(ワーカー受け取り金額/時間 × 稼働時間/週)+ 消費税) −(システム利用料 + 消費税)- 契約金額の消費税

なお、金額の提示方法を「ワーカー受け取り金額」を選択した場合、小数点以下切り捨て等により、「入力したワーカー受け取り金額の値」と「金額詳細内に表示されるワーカー受け取り金額」の値に差異が生じることがあります。
最終的に報酬として受け取る金額は、金額詳細内のワーカー受け取り金額となります。


▼関連するお問合せ
【ワーカー】報酬が振り込まれるタイミングについて 
【共通】システム利用料について

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【ワーカー】ワーカー受け取り金額について

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
■ワーカー受け取り金額
契約金額(税込)からシステム利用料を差し引いた、ワーカーが実際に受け取る金額です。
プロジェクト形式の固定報酬制およびコンペ形式の追加採用時に使用される言葉です。

ワーカー受け取り金額(税抜)=(契約金額+消費税)-(システム利用料+消費税)- 契約金額の消費税

例:契約⾦額 10,000円(税抜)のお仕事の場合

システム利用料:2,420円(税込)
10,000円 × 10% (消費税率)= 11,000円(契約金額(税込))
11,000円 × 20%(システム利用料率(税抜))= 2,200円(システム利用料(税抜))
2,200円(システム利用料(税抜))× 10%(消費税率)= 220円(消費税)

ワーカーが受け取る額 8,580円
11,000円 - 2,420円(システム利用料(税込))= 8,580円


■ワーカー受け取り金額/週
契約金額(税込)/週 からシステム利用料を差し引いた、ワーカーが実際に受け取る金額です。
プロジェクト形式の時間単価制にて使用される言葉です。

ワーカー受け取り金額/週(税抜き)=
(契約金額(ワーカー受け取り金額/時間 × 稼働時間/週)+ 消費税) −(システム利用料 + 消費税)- 契約金額の消費税

なお、金額の提示方法を「ワーカー受け取り金額」を選択した場合、小数点以下切り捨て等により、「入力したワーカー受け取り金額の値」と「金額詳細内に表示されるワーカー受け取り金額」の値に差異が生じることがあります。
最終的に報酬として受け取る金額は、金額詳細内のワーカー受け取り金額となります。


▼関連するお問合せ
【ワーカー】報酬が振り込まれるタイミングについて 
【共通】システム利用料について