【クライアント】採用作品を編集・加工して使用したい

採用した作品の著作権等の知的財産権は、ワーカー(受注者)からクライアント(発注者)に対して譲渡するという旨の合意を当事者間で形成することにより、クライアントに譲渡されます。

著作権の譲渡がおこなわれない場合、作品の編集や加工等の可否については、当事者間で相談し合意の上で決定してください。
なお、著作権の譲渡がおこなわれた場合、編集や加工等についてはクライアントの判断でおこなっていただけます。

▼関連するページ
利用規約

▼関連するお問い合わせ
【クライアント】採用した作品を利用しない場合
【共通】納品物の知的財産権(著作権)について
【共通】コンペの採用作品の著作権等の知的財産権について
【共通】コンペの不採用作品の著作権等の知的財産権について

 

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】採用作品を編集・加工して使用したい

« 戻る

情報

 
回答(公開)コンペ形式にて採用後に納品とデータ確認手続きが完了した提案は、メンバー様に報酬が確定した時点でクライアント(発注者)様に帰属しております。
データ確認手続き後であればご自身で自由に編集・加工していただいて問題ございません。

なお、採用後データ確認手続きをおこなう前の編集・加工については、その時点での著作権の帰属先であるメンバー様にご依頼ください。
回答(公開:リッチテキストエリア)
採用した作品の著作権等の知的財産権は、ワーカー(受注者)からクライアント(発注者)に対して譲渡するという旨の合意を当事者間で形成することにより、クライアントに譲渡されます。

著作権の譲渡がおこなわれない場合、作品の編集や加工等の可否については、当事者間で相談し合意の上で決定してください。
なお、著作権の譲渡がおこなわれた場合、編集や加工等についてはクライアントの判断でおこなっていただけます。

▼関連するページ
利用規約

▼関連するお問い合わせ
【クライアント】採用した作品を利用しない場合
【共通】納品物の知的財産権(著作権)について
【共通】コンペの採用作品の著作権等の知的財産権について
【共通】コンペの不採用作品の著作権等の知的財産権について