【クライアント】成果物が基準に満たない

納品された成果物が契約時に指定した基準に満たない場合、「修正依頼(検収不合格)」または「契約途中終了リクエスト」をおこなっていただけます。

【修正依頼(検収不合格)】
あらかじめ合意していた検収基準に満たない場合、修正依頼を送ることが可能です。
合意が取れていない場合、ワーカー様から追加費用を提案されるケースもあります。
「修正依頼(検収不合格)」の打診後は、ワーカーが再納品しない限り、検収は行えません。

【契約途中終了リクエスト】
クライアント、ワーカー双方の合意が得られた場合に限り、契約を途中終了させることが可能です。
契約途中終了リクエストの合意後、仮払いされた契約金額はクライアントに返金されます。
返金は決済方法によって異なります。返金について詳しくは「返金について」をご確認ください。

しかしながら、あらかじめ成果物の検収基準を明確化していなかった場合、「記載されている通りの成果物を納品したのに、なぜ検収しないのか」などのトラブルに発展したり、ワーカーから契約途中終了リクエストの同意が得られないケースがあります。

当サービス上で締結されるご契約は二者間契約のため、クラウドワークス事務局ではご契約内容に関する判断などをおこなうことができません。
そのため、ご契約時には必ず成果物の検収基準や納期などを明確化し、ワーカーにお伝えください。

なお、「これでは検収できない」と修正依頼(検収不合格)したあとに途中終了リクエストを送信するなどしてトラブルに発展してしまった場合、
途中終了するのではなく「契約金額の減額の相談」や「基準を明確に伝えた上でもう一度納品するよう相談」をおこなっていただくと、解決に近づける可能性がございます。


▼関連するお問い合わせ
【クライアント】契約後、アウトプットの品質や仕様の折り合いがつかない場合
【クライアント】固定報酬制の契約を途中終了する方法
【クライアント】固定報酬制の契約途中終了後の返金について
【共通】契約が途中終了となった場合の評価について
【共通】契約を途中終了(キャンセル)した場合には、罰則はありますか?
【共通】トラブルが起きた場合

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】成果物が基準に満たない

« 戻る

情報

 
回答(公開)納品された成果物が契約時に指定した基準に満たない場合、「修正依頼(検収不合格)」をおこなっていただけます。

しかしながら、あらかじめ成果物の検収基準を明確化していなかった場合、「記載されている通りの成果物を納品したのに、なぜ検収しないのか」などのトラブルに発展するケースがあります。

当サービス上で締結されるご契約は二者間契約のため、クラウドワークス事務局ではご契約内容に関する判断などをおこなうことができません。
そのため、ご契約時には必ず成果物の検収基準や納期などを明確化し、メンバー様にお伝え下さい。

なお、「これでは検収できない」と修正依頼(検収不合格)したあとに途中終了リクエストを送信するなどしてトラブルに発展してしまった場合、途中終了するのではなく「契約金額の減額の相談」や「基準を明確に伝えた上でもう一度納品するよう相談」をおこなっていただくと、解決に近づける可能性がございます。
回答(公開:リッチテキストエリア)
納品された成果物が契約時に指定した基準に満たない場合、「修正依頼(検収不合格)」または「契約途中終了リクエスト」をおこなっていただけます。

【修正依頼(検収不合格)】
あらかじめ合意していた検収基準に満たない場合、修正依頼を送ることが可能です。
合意が取れていない場合、ワーカー様から追加費用を提案されるケースもあります。
「修正依頼(検収不合格)」の打診後は、ワーカーが再納品しない限り、検収は行えません。

【契約途中終了リクエスト】
クライアント、ワーカー双方の合意が得られた場合に限り、契約を途中終了させることが可能です。
契約途中終了リクエストの合意後、仮払いされた契約金額はクライアントに返金されます。
返金は決済方法によって異なります。返金について詳しくは「返金について」をご確認ください。

しかしながら、あらかじめ成果物の検収基準を明確化していなかった場合、「記載されている通りの成果物を納品したのに、なぜ検収しないのか」などのトラブルに発展したり、ワーカーから契約途中終了リクエストの同意が得られないケースがあります。

当サービス上で締結されるご契約は二者間契約のため、クラウドワークス事務局ではご契約内容に関する判断などをおこなうことができません。
そのため、ご契約時には必ず成果物の検収基準や納期などを明確化し、ワーカーにお伝えください。

なお、「これでは検収できない」と修正依頼(検収不合格)したあとに途中終了リクエストを送信するなどしてトラブルに発展してしまった場合、
途中終了するのではなく「契約金額の減額の相談」や「基準を明確に伝えた上でもう一度納品するよう相談」をおこなっていただくと、解決に近づける可能性がございます。


▼関連するお問い合わせ
【クライアント】契約後、アウトプットの品質や仕様の折り合いがつかない場合
【クライアント】固定報酬制の契約を途中終了する方法
【クライアント】固定報酬制の契約途中終了後の返金について
【共通】契約が途中終了となった場合の評価について
【共通】契約を途中終了(キャンセル)した場合には、罰則はありますか?
【共通】トラブルが起きた場合