【クライアント】法人アカウントとは

法人アカウントとは、複数のアカウントで発注しているお仕事使用している金額を一括で確認できる機能です。

そのため、大きな企業や一つの部署などで複数のユーザーがそれぞれアカウントを所持している場合には、利用状況をよりスムーズに確認できるようになります。

なお、法人での利用であっても、複数のアカウントを利用する必要が無い場合には、法人アカウントにアップグレードせず「基本情報」を「法人」として登録するのみで、サービスを利用できます。

■法人アカウントでできること
・アカウントの利用状況確認(発注している案件と契約金額)と一括で請求情報の取得
・仕事管理画面にて自社内で利用する他アカウントの発注状況の確認

■注意点
・2019年10月9日(水)をもって新規申請の受付を終了いたしました
・他のアカウントで作成した案件を別のアカウントで管理すること(仮払いやメッセージの確認・送信など)はできません
・同じドメインのメールアドレスで登録したアカウントのみ追加できます
・法人アカウントにアップグレード前のアカウント(個人アカウント)の発注情報は引き継げません
(新規アカウントと同じ状態から利用することになります)


▼関連するお問合せ
【クライアント】法人アカウントのプロフィール編集方法
【共通】法人の本人確認の方法
【共通】1つのアカウントを複数人で共有したい
【共通】法人(個人)でも利用できますか
【クライアント】契約は個人・法人のどちらになるのか
【クライアント】請求書払い(Paid)とは
【クライアント】同一法人内の別アカウントの請求をまとめて支払えるか

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】法人アカウントとは

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
法人アカウントとは、複数のアカウントで発注しているお仕事使用している金額を一括で確認できる機能です。

そのため、大きな企業や一つの部署などで複数のユーザーがそれぞれアカウントを所持している場合には、利用状況をよりスムーズに確認できるようになります。

なお、法人での利用であっても、複数のアカウントを利用する必要が無い場合には、法人アカウントにアップグレードせず「基本情報」を「法人」として登録するのみで、サービスを利用できます。

■法人アカウントでできること
・アカウントの利用状況確認(発注している案件と契約金額)と一括で請求情報の取得
・仕事管理画面にて自社内で利用する他アカウントの発注状況の確認

■注意点
・2019年10月9日(水)をもって新規申請の受付を終了いたしました
・他のアカウントで作成した案件を別のアカウントで管理すること(仮払いやメッセージの確認・送信など)はできません
・同じドメインのメールアドレスで登録したアカウントのみ追加できます
・法人アカウントにアップグレード前のアカウント(個人アカウント)の発注情報は引き継げません
(新規アカウントと同じ状態から利用することになります)


▼関連するお問合せ
【クライアント】法人アカウントのプロフィール編集方法
【共通】法人の本人確認の方法
【共通】1つのアカウントを複数人で共有したい
【共通】法人(個人)でも利用できますか
【クライアント】契約は個人・法人のどちらになるのか
【クライアント】請求書払い(Paid)とは
【クライアント】同一法人内の別アカウントの請求をまとめて支払えるか