【クライアント】採用した作品を利用しない場合

採用した作品の著作権等の知的財産権は、ワーカー(受注者)からクライアント(発注者)に対して譲渡するという旨の合意を当事者間で形成することにより、クライアントに譲渡されます。

著作権の譲渡がおこなわれない場合、作品の利用可否および実際の用途・利用形態などについては、当事者間で相談し合意の上で決定してください。
なお、著作権の譲渡がおこなわれた場合、作品を利用するか否か、および実際の用途・利用形態などについてはクライアントの判断となります。

▼関連する問い合わせ
【クライアント】コンペで採用した案はどこからダウンロードできるのですか?
【クライアント】コンペで別々のワーカーの提案の一部をそれぞれ採用したいのですが?
 

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】採用した作品を利用しない場合

« 戻る

情報

 
回答(公開)コンペで採用していただいた作品については、実際にどのようにご利用いただくかは、クライアント(発注者)の方にお任せしておりますので、採用したからと言って必ずしも使用しなければならないわけではありません。
(使用しない場合には、提案していただいたワーカー(受注者)にもお伝えしていただければ、ワーカーも納得されるかと思います)
回答(公開:リッチテキストエリア)
採用した作品の著作権等の知的財産権は、ワーカー(受注者)からクライアント(発注者)に対して譲渡するという旨の合意を当事者間で形成することにより、クライアントに譲渡されます。

著作権の譲渡がおこなわれない場合、作品の利用可否および実際の用途・利用形態などについては、当事者間で相談し合意の上で決定してください。
なお、著作権の譲渡がおこなわれた場合、作品を利用するか否か、および実際の用途・利用形態などについてはクライアントの判断となります。

▼関連する問い合わせ
【クライアント】コンペで採用した案はどこからダウンロードできるのですか?
【クライアント】コンペで別々のワーカーの提案の一部をそれぞれ採用したいのですが?