【クライアント】時間単価制の返金について

時間単価制の場合、稼働があった翌週の金曜日にワーカーの報酬額が確定し、クライアントへの返金額も確定します。

実際の稼働時間が予定していた稼働時間を下回った場合には、差額分がクライアント様に返金されます。
※クレジットカードで仮払いをしてから50日以内であれば与信枠の確保期間となり、実際の稼働時間分のみ請求され返金は発生しません。
※サービス上への返金となった場合、次回の仮払いに充当することができます。
※デビットカードなど一部のクレジットカードでは、仮払いした時点で口座から引き落とされ、報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。

返金について詳しくは返金についてをご確認ください。


▼関連する問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて
【共通】タイムカードの稼働時間修正について(時間単価制)
【共通】契約終了の方法について(時間単価制)
【クライアント】仮払金と稼働分に差額が発生した場合(時間単価制)

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】時間単価制の返金について

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
時間単価制の場合、稼働があった翌週の金曜日にワーカーの報酬額が確定し、クライアントへの返金額も確定します。

実際の稼働時間が予定していた稼働時間を下回った場合には、差額分がクライアント様に返金されます。
※クレジットカードで仮払いをしてから50日以内であれば与信枠の確保期間となり、実際の稼働時間分のみ請求され返金は発生しません。
※サービス上への返金となった場合、次回の仮払いに充当することができます。
※デビットカードなど一部のクレジットカードでは、仮払いした時点で口座から引き落とされ、報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。

返金について詳しくは返金についてをご確認ください。


▼関連する問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて
【共通】タイムカードの稼働時間修正について(時間単価制)
【共通】契約終了の方法について(時間単価制)
【クライアント】仮払金と稼働分に差額が発生した場合(時間単価制)