【クライアント】時間単価制の返金について

時間単価制の場合、稼働があった翌週の金曜日にワーカーの報酬額が確定し、クライアント(発注者)への返金額も確定します。

実際の稼働時間が予定していた稼働時間を下回った場合には、差額分がクライアント様に返金されます。
※クレジットカードで仮払いをしてから50日以内であれば与信枠の確保期間となり、実際の稼働時間分のみ請求され返金は発生しません。
※サービス上への返金となった場合、次回の仮払いに充当することができます。
※デビットカードなど一部のクレジットカードでは、仮払いした時点で口座から引き落とされ、報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。

返金について詳しくは返金についてをご確認ください。


▼関連する問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて教えてください。
【共通】タイムカードの稼働時間を修正することはできますか?
【クライアント】時間単価制において、契約を終了したいのですが?
【クライアント】時間単価制で仮払い金額と実際の稼働分の金額に差がある場合にはどうなるのでしょうか?

 

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】時間単価制の返金について

« 戻る

情報

 
回答(公開)稼働があった翌週の金曜日にメンバー(受注者)の報酬額が確定し、クライアント(発注者)への返金額も確定します。

初期設定では返金分を次回の仮払いに充当する形となっております。

銀行口座へ返金を希望される場合には、ページ上部メニューバー「支払い」より、「次回仮払いに充当する」というチェックボックスを外していただくことで手続きが可能となっています。

銀行口座への返金については、15日・月末の月2回の締日に合わせて返金額の集計を行い、それぞれ当月末・翌月15日払いでご登録いただいている銀行口座に返金をさせていただきます。
※振込先口座については、締日(15日と月末)後の20日・翌5日に設定されている情報に基づいて、自動的に出金処理が行われます。
回答(公開:リッチテキストエリア)
時間単価制の場合、稼働があった翌週の金曜日にワーカーの報酬額が確定し、クライアント(発注者)への返金額も確定します。

実際の稼働時間が予定していた稼働時間を下回った場合には、差額分がクライアント様に返金されます。
※クレジットカードで仮払いをしてから50日以内であれば与信枠の確保期間となり、実際の稼働時間分のみ請求され返金は発生しません。
※サービス上への返金となった場合、次回の仮払いに充当することができます。
※デビットカードなど一部のクレジットカードでは、仮払いした時点で口座から引き落とされ、報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。

返金について詳しくは返金についてをご確認ください。


▼関連する問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて教えてください。
【共通】タイムカードの稼働時間を修正することはできますか?
【クライアント】時間単価制において、契約を終了したいのですが?
【クライアント】時間単価制で仮払い金額と実際の稼働分の金額に差がある場合にはどうなるのでしょうか?