【クライアント】時間単価制の仮払いについて

時間単価制のお仕事については、1週間ごとに仮払いをおこないます。

そのため、ワーカーに複数の週にまたがって仕事を依頼する場合には、複数週分の仮払いをおこなう必要があります。

仕事をされている週がある場合、その次の週の仮払いをお願いするメールをお送りしています。
(次の週にワーカーの仕事が発生しない場合にはメールは無視してください。)

時間単価制の仕事で契約が終了した際には「契約終了リクエスト」を送信して、契約を完了する必要があります。


▼関連する問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて
【共通】契約終了の方法について(時間単価制)
【クライアント】仮払金と稼働分に差額が発生した場合(時間単価制)
【共通】仮払いとは

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】時間単価制の仮払いについて

« 戻る

情報

 
回答(公開)
回答(公開:リッチテキストエリア)
時間単価制のお仕事については、1週間ごとに仮払いをおこないます。

そのため、ワーカーに複数の週にまたがって仕事を依頼する場合には、複数週分の仮払いをおこなう必要があります。

仕事をされている週がある場合、その次の週の仮払いをお願いするメールをお送りしています。
(次の週にワーカーの仕事が発生しない場合にはメールは無視してください。)

時間単価制の仕事で契約が終了した際には「契約終了リクエスト」を送信して、契約を完了する必要があります。


▼関連する問い合わせ
【共通】時間単価制の仕事の流れについて
【共通】契約終了の方法について(時間単価制)
【クライアント】仮払金と稼働分に差額が発生した場合(時間単価制)
【共通】仮払いとは