【クライアント】今週の仮払い金の残額を次週に充当したい(時間単価制)

時間単価制のお仕事については、
ワーカーとクライアント双方のレビュー(確認)期間を設けており、
支払い金額の確定が、稼働のあった週の翌週金曜日となります。

そのため、今週の仮払いの残金については、
翌々週の仮払いに充当していただけます。

※今週の仮払い金額の残りを、次週の仮払いに充当することはできません。 

また、クレジットカードでの仮払いを行っている場合は、
与信枠の確保(決済予約)となるため、実際の稼働時間分のみ請求され、
返金(仮払いの残金)は発生しません。

ただし、デビットカードなど一部のクレジットカードでは、
仮払いした時点で口座から引き落とされ、報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。


▼関連する問い合わせ
時間単価制の仕事の流れについて教えてください。
タイムカードの稼働時間を修正することはできますか?
時間単価制において、契約を終了したいのですが?
時間単価制で仮払い金額と実際の稼働分の金額に差がある場合にはどうなるのでしょうか?
時間単価制において契約が終了できないのですが?
時間単価制で、確定した支払い金額が仮払いした金額よりの低い場合、どのような方法でいつまでに返金されますか?
仮払いとはなんですか?

 

それでも解決しない場合は?

お問い合わせ
記事

【クライアント】今週の仮払い金の残額を次週に充当したい(時間単価制)

« 戻る

情報

 
回答(公開)今週の仕事については、メンバーとクライアント双方のレビュー(確認)期間を設けており、支払い金額の確定が翌週の金曜日なりますので、今週の残金は翌々週の仮払いに充当していただけます。

※今週の仮払い金額の残りを、次週の仮払いに充当することはできません。
回答(公開:リッチテキストエリア)
時間単価制のお仕事については、
ワーカーとクライアント双方のレビュー(確認)期間を設けており、
支払い金額の確定が、稼働のあった週の翌週金曜日となります。

そのため、今週の仮払いの残金については、
翌々週の仮払いに充当していただけます。

※今週の仮払い金額の残りを、次週の仮払いに充当することはできません。 

また、クレジットカードでの仮払いを行っている場合は、
与信枠の確保(決済予約)となるため、実際の稼働時間分のみ請求され、
返金(仮払いの残金)は発生しません。

ただし、デビットカードなど一部のクレジットカードでは、
仮払いした時点で口座から引き落とされ、報酬確定の時点で返金がある場合はカード会社からの返金となります。
詳細は、お使いのカード会社にお問い合わせください。


▼関連する問い合わせ
時間単価制の仕事の流れについて教えてください。
タイムカードの稼働時間を修正することはできますか?
時間単価制において、契約を終了したいのですが?
時間単価制で仮払い金額と実際の稼働分の金額に差がある場合にはどうなるのでしょうか?
時間単価制において契約が終了できないのですが?
時間単価制で、確定した支払い金額が仮払いした金額よりの低い場合、どのような方法でいつまでに返金されますか?
仮払いとはなんですか?